MENU

【朝絶対に起きる方法は?】効果的な目覚まし設定と睡眠環境の整え方

目次

1. 起きる時間をイメージする

朝、目覚ましを鳴らしてもなかなか起きられない…そんな経験ありませんか?それなら、起きる時間をイメージすることから始めてみましょう。

1-1. 目標とする起床時間を設定する

まずは、自分が目指す起床時間を決めましょう。例えば、朝7時に起きたいと思ったら、その時間を目指して目覚ましをセットします。目標が明確になると、意外と起きられるものですよ。

1-2. 起きる時間を意識して就寝する

そして、その目標の起床時間を意識して就寝しましょう。夜更かしをしてしまうと、朝起きるのが辛くなりますよね。なるべく同じ時間に寝るように心がけると、朝の目覚めもスムーズになるかもしれません。

朝の目覚めをスムーズにするために、起きる時間をイメージすることはとても大切です。ぜひ試してみてくださいね。

2. 細かくアラームをかける

朝、なかなか起きられないという人におすすめなのが、アラームを複数セットすることです。一つのアラームだけでは起きられないという方も多いのではないでしょうか?そんな時は、複数のアラームをセットしてみましょう。例えば、5分おきにアラームを鳴らすように設定すると、少しずつ意識が戻ってくるので起きやすくなります。

2-1. 複数のアラームをセットする

朝、目覚まし時計のアラームが鳴ってもすぐに起きられないという方は、複数のアラームをセットしてみましょう。例えば、最初のアラームはベッドから起き上がる時間、2つ目のアラームは洗面所で顔を洗う時間、3つ目のアラームは朝食を食べる時間など、目覚ましのタイミングを細かく設定することで、段階的に起きることができます。

2-2. アラームの間隔を短くする

アラームの間隔を短くすることも効果的です。例えば、5分おきにアラームを鳴らすように設定すると、少しずつ意識が戻ってくるので起きやすくなります。また、短い間隔でアラームが鳴ることで、二度寝を防ぐことができます。朝、なかなか起きられないという方は、アラームの間隔を短くしてみてください。

3. たくさんの目覚ましをセットする

朝起きるのが苦手な人におすすめなのが、たくさんの目覚ましをセットすることです。一つの目覚ましでは起きられないという方も多いので、異なる種類の目覚ましを用意しましょう。

3-1. 異なる種類の目覚ましを用意する

例えば、スマートフォンのアラームと置き時計の目覚ましを同時にセットするという方法です。スマートフォンのアラームは音楽やベルのような音が多いので、好きな曲を選んで設定すると起きるのが楽しくなるかもしれません。一方で、置き時計の目覚ましは古典的なブザー音が多いので、しっかりと目を覚ましてくれるでしょう。

3-2. 複数の目覚ましを鳴らす

また、複数の目覚ましを鳴らすことも効果的です。例えば、5分おきに複数の目覚ましをセットしておくと、一度目が覚めた後も再度目覚まし音が鳴るため、二度寝を防ぐことができます。朝の時間に余裕がある方は、この方法を試してみてください。

朝の目覚めが苦手な方は、たくさんの目覚ましをセットすることで起きることができるかもしれません。自分に合った目覚ましの組み合わせを見つけて、快適な朝を迎えましょう。

4. 目覚ましを遠い場所に置く

朝、なかなかベッドから出ることができないという方も多いのではないでしょうか?そんな方におすすめなのが、目覚まし時計をベッドから遠い場所に配置することです。

4-1. ベッドから遠い場所に目覚ましを配置する

ベッドから遠い場所に目覚ましを置くことで、朝起きるために必ずベッドから離れなければならなくなります。そのため、起きるための第一歩としてベッドから離れることができるので、起きるハードルが下がります。

4-2. 起き上がらなければ止められない場所に置く

さらに効果的なのが、起き上がらなければ目覚ましを止めることができないような場所に目覚ましを置くことです。例えば、ベッドから遠い場所に置いておき、さらにはベッドの上に置くのではなく、机の上や棚の上など、起き上がらなければ手が届かない場所に置くと効果的です。

朝、目覚ましを止めるために起き上がらなければならないという状況になると、自然と起きることができるようになります。ぜひ試してみてください!

5. 目覚ましの音の設定を工夫する

朝、なかなか起きられないという方も多いのではないでしょうか?そんな方におすすめなのが、目覚ましの音の設定を工夫することです。目覚ましの音は、聞き慣れない音楽を設定することで、新鮮な気持ちで目覚めることができます。例えば、お気に入りのアーティストの曲や、自然の音など、自分にとって心地よい音楽を選んでみてください。

5-1. 聞き慣れない音楽を設定する

目覚ましの音には、聞き慣れない音楽を設定することで、起きるときの気分が変わります。例えば、ジャズやクラシック、民族音楽など、普段あまり聞かないジャンルの音楽を選んでみると良いでしょう。新しい音楽に触れることで、目覚めの良い気分で一日をスタートすることができます。

5-2. 音量を大きめに設定する

また、目覚ましの音の音量も大切です。音量が小さいと、寝入りばなに聞き逃してしまうこともあります。そのため、音量を大きめに設定して、しっかりと目を覚ましてください。ただし、周囲の方に迷惑がかからないように、あまり大きすぎる音量には注意しましょう。

朝、目覚めるのが苦手な方は、目覚ましの音の工夫をしてみると良いかもしれません。新しい音楽を試してみたり、音量を調整してみたりして、気持ちよく目覚める方法を見つけてみてください。きっと、朝の時間が楽しみになるかもしれませんね。

6. 頼んで起こしてもらう

朝、なかなか起きられないという人は、家族や友人に起こしてもらうのも一つの方法です。朝、自分で起きるのが難しいと感じる人は、誰かに起こしてもらうことで起きる時間を確実にすることができます。

6-1. 家族や友人に起こしてもらうよう頼む

家族や友人に起こしてもらうよう頼むことで、自分ひとりで起きるよりも確実に起きることができます。朝、起きるのが苦手な人は、一度試してみる価値があります。家族や友人に頼むことで、朝の目覚めがスムーズになるかもしれません。

6-2. 起こしてもらう時間を具体的に伝える

起こしてもらう時間を具体的に伝えることも大切です。例えば、「7時に起こしてほしい」と具体的な時間を伝えることで、相手も起こしてくれる時間を把握しやすくなります。具体的な時間を伝えることで、スムーズに起きることができるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次